かばさん先生のコラム

  • 痛くないいぼ痔の治療
  • レディースタイム

  • 痛い
  • 肛門から血が出ている
  • 肛門がはれている・しこりがある
  • 肛門から膿が出ている
症例写真一覧
  • かば院長プ ロフィール
  • 痔の予防6か条
  • かばさん先生コラム

RSS

2017/1/13  レディースタイムのお知らせ

 

ふるだて加藤肛門外科クリニックでは、女性の患者様向けに
毎週火曜午後・木曜午前はレディースタイムを設けております。

当院の受診患者様の約半数が女性になります。
男性患者様がいる時間に、来院しづらい方はぜひ、
レディースタイムをご利用ください。

※男性の方とは入口と待合室が異なります。
詳しくはレディースタイムページをご覧ください。


※小さいお子様連れでも、診療時に当院スタッフが
サポート致しますのでお気軽にご相談ください。

詳しくはお電話またはご来院をお待ちしております。
TEL:019-671-1717

2015/4/24  いぼ痔のお話

当院のいぼ痔の手術
 いぼ痔は良性で命にかかわる病気ではないので、どんなにひどい症状があっても手術は原則としてご本人が希望した時に行います。必ずしもしなければならないものではなく、日常生活に支障がなければ行う必要はありません。
 当院が開業した2000年からは標準術式と言われている結紮切除術を主に行っていました。この方法は、いぼ痔を切除してしまうため再発は少ないのですが、術後出血・肛門狭窄・肛門クッションがなくなる事によって起こるゆるい肛門などの合併症があり、手術後の痛みも強く、約2週間の入院も必要になっていました。つまり根治性を重視した手術方法でした。
2005年からは、いぼ痔を切除せずに局所注射を行い硬化・縮小させるALTA(ジオン注)をとり入れました。この時からいぼ痔の手術は切除する手術から硬化・縮小させる手術へと大きく変わって行くことになります。このALTAは手術後の痛みが少なく、即効性があり、短期入院かあるいは外来手術が可能で、大きくなったいぼ痔をもとの肛門クッションの状態に戻すので決してゆるい肛門になる事もありません。しかし、元に戻った肛門クッションはまた徐々に大きくなっていきますので、再度症状が出ることがあり、切除をする結紮切除術に比べ再発が多い事が欠点です。この欠点を補うために、2009年から強い凝固と切開が同時に行う事ができ、術後の痛みも少ない超音波駆動メスを使用し、いぼ痔の一部を切除し残ったいぼ痔にALTAを行う併用療法を行ってきました。その結果、再発率は年々減少してきております。このALTA併用療法が現在の当院での第一選択の手術法になっています。つまり根治性より合併症のない安全性と手術後の痛みの軽減を重視した手術方法に変わってきたわけです。
当院の痔核手術患者様の年次変化をまとめますと、開業から2004年までは結紮切除のみでありましたが、ALTAを導入した2005年から2008年までは徐々に結紮切除術が減り、代わりにALTA療法が増加し、2009年からは結紮切除術に代わりほぼ100%にALTA療法併用が行われております。

2015/4/23  いぼ痔のお話

機Гい楴Δ辰堂拭
いぼ痔とは医学的な病名でいうと内痔核で、肛門をしっかり閉じるために誰もが生まれつき肛門内にもっている肛門クッションが長い間の排便によるりきみなどで肥大、脱出してきた状態を言います。その肛門クッションは肛門の粘膜下に存在する多くの血管と線維からなる正常組織で、ガスや大便が漏れないように肛門管を柔らかく閉鎖する座布団の様な役割をしています。したがって、人間の肛門にはいぼ痔の基が必ずあり、それが長年排便することで大きくなっていきます。しかし大きくなっていくこと自体は病気ではなく、みんなに起こる宿命的なものですが、出血、脱出、痛み等の症状で日常生活に支障が生じて初めて病気扱いされ治療が必要になってきます。

2010/7/27  痔核硬化療法注射液ジオン(ALTA)

平成17年4月に発売になった新しい局所注射剤です。
脱出や出血を伴う痔核内に直接注射をして痔核に流れ込む血流を止め、痔核組織を固め、癒着・固定する方法です。手術療法に比べ、痛みが少なく、入院期間も短縮できます。成分は硫酸アルミニウムカリウムとタンニン酸で約1ヵ月で痔核が縮小いたします。

しかし、注射法の手技(4段階注射法)が難しいため、現在は肛門診療に精通し、なおかつ注射手技に必要な知識及び経験を習得するための講習を修了した医師のいる一部の施設でしか施行できません。
当クリニックでは施行可能ですが、全ての痔核患者様に施行できるわけではありません。ご希望の方はご相談下さい。

2010/7/26  超音波駆動メス(ultrasonically activated scalpel)

超音波振動のエネルギーで止血・切開を同時にかつ低温で行うため、電気メス、レーザーメスに比べ、周囲の損傷が少なくて済みます。
そのため、以下の利点があり、短期入院手術日帰り手術に有効であります。

1.手術中の出血がほとんどない
2.手術時間が短い
3.術後の疼痛が少ない
4.治るまでの日数が短縮


ただし、痔の病気全てに超音波駆動メスが使用できるわけではなく、大きな脱出の強い痔核など、病変によっては使用出来ない場合もあります。希望の方はお気軽に御相談下さい。

▲ このページのトップに戻る

ふるだて加藤肛門科・外科クリニック
岩手県紫波郡紫波町高水寺字古屋敷87-1 東北本線古舘駅から徒歩14分 9:00~17:00 019-671-1717 24時間利用可能 019-671-1735
時間表
※Lはレディース・タイムです。男性はご遠慮ください。(急患はこの限りではありません)
マップ情報
詳しい地図はこちら